注目のキーワード: 化粧水 /  水素 /  洗顔料 /  保湿 /  乾燥

ハイケアウォッシュ HYCARE WASH STORY 100%pure Face wash that can
be used by everyone with
sensitive skin and babies.

液体でも固形でも無い 特許取得のジェル状純石鹸 ジェル状でなければ実現できない 洗い上がり

純石鹸の新常識を作り

ジェル状純石鹸の開発

人肌にもっともやさしいのは、天然脂肪酸ナトリウムの固形純石鹸。

しかし、固形石鹸は常に空気に触れています。私たちが使う純石鹸の成分は油脂。酸化した表面は劣化が進んでいるのです。

この純石鹸の酸化劣化問題を、独自の物理化学の視点でジェル状に改良し、メカノケミカル技術で微細な泡を巻き込み、低温領域での流動性確保に成功しました。
ボトル充填のいつも新鮮な純石鹸は、洗い上がりが違います。
純粋・シンプル 肌が求める物とは

優しさと利便性について考える

【洗浄成分=界面活性剤】

ヒトが最初に手に入れた洗浄剤は「脂肪酸ナトリウム石鹸」(固形純石鹸)です。「脂肪酸ナトリウム石鹸」はとても優秀な洗浄力を持ち、肌には最適な洗浄剤です。

しかし、もっと便利で広く使える洗浄剤はないか?』そして作られたのが、強酸(硫酸系)の洗浄剤です。硫酸イオンは日常生活の様々な分野で大活躍をしていきます。(洗剤・食器洗剤etc..)

安価で大量生産が可能な『ラウリル硫酸ナトリウム』の洗顔(合成洗顔)が作られ始めましたが、しかし当然、皮膚に使うには刺激が強すぎます。違和感を感じ始めた肌に向け、合成洗顔に、沢山の添加物や保湿剤が添加されました。そのため、使用感だけが改良され、肌に残った強い界面活性剤は当然、皮膚細胞に悪影響を与え、知らないうちに肌バリアのダメージが蓄積されていってしまいます。
最適な皮膚バランスとは

肌バリアの守り人皮膚常在菌

敏感肌や乾燥肌、大人になってから起こる肌トラブルの多くは、合成成分や添加物、石油系洗浄成分による、皮膚バリアの損傷が原因と言われています。 

特に、クレンジング・洗顔による保湿因子の流出の影響は大きく、スキンケアの初めのステップ、洗顔クレンジング剤選びはとても大切と言えます。

ハイケアウォッシュの主成分、天然由来の脂肪酸ナトリウムは、皮脂を取りすぎず、泡切れがよく、肌に界面活性剤を残しません。

洗い上がりの健康なしっとり感は、ジェル状純石鹸でなければ実感できません。
CHECK この商品をチェックした方はこんな商品もチェックしています
  • ハイケアパウダー
    ハイケアパウダー
    肌の酸化ストレス対策洗顔に混ぜる水素パウダー
  • ハイケアインヘラー
    ハイケアインヘラー
    高純度水素吸入 簡単1分で完了素早く確実に身体メンテナンス
  • ハイケアバス
    ハイケアバス
    高濃度水素入浴剤 7分で内臓までしっかり浸透 家族みんなで水素
  • 微生物培養クリーム
    微生物培養クリーム
    敏感肌のための菌活クリーム 皮膚常在菌をしっかり強化